へしさに写真集(夢むらさき本編)

へしさに写真集(夢むらさき本編)

写真集概要 ◆フルカラー ◆サイズ:A4 ◆ページ数:108P ◆発行日:2016年8月 【主なキャラクター】 ・へし切長谷部 ・女審神者 【モデル】 ・朔夜-sakuya- ・飛沫-shibuki- 【内容】 「 貴女は俺のすべてだった・・・ 」 まだ小さく息をしていた貴女を、俺は—―。 ・・・主、主、主、 いくら呼んでも貴女の瞳が俺を映すことはもうない。 人間と付喪神、共に逝けるはずないとわかっていたはずなのに。貴女に会いたい。会いたい。会いたい。ただひたすらに。 桜の下でまだ記憶のない主をみつけた長谷部は、無理やり自宅に連れ帰る。自分を受け入れてくれない主との監禁生活、刀剣男子と審神者としての最期の刻、結婚、その後とストーリーは続く。へしさに写真集最終巻、どのような最後を迎えるのか必見。 ※夢むらさき序章の続きになります。序章を読まなくても本編を楽しめますが、読んでいただいた方がわかりやすいかと思います。 夢むらさき序章の商品ページ↓ https://sakuya0618.booth.pm/items/359435 【!!注意!!】 ◆へし切長谷部×女審神者 ◆病んでいる ◆狂っている ◆溺れている ◆奇怪である ◆強引である ◆絡んでいる ◆流血表現がある ◆死亡表現がある ◆現代捏造がある ◆長谷部→→→(←)主 Overview ◆Full colour ◆Size:A4 ◆Number of pages: 108 ◆Release date: August 2016 Main Characters ・Heshikiri Hasebe ・Female Saniwa “You are my everything...” As you took your dying breath, I--- ..... Aruji, Aruji, Aruji, No matter how many times I called, there was no reflection of me in your eyes. Human and Tsukumogami (Spirit Manifestation); I understand that we should not be together.  But I want to see you. Honestly. Sincerely. Earnestly.   Under a cherry-blossom tree, Hasebe finds Aruji, who has no memories from the previous life, and forcibly brings her home. Living in confinement with Aruji who can’t accept who she was, taking their last breath as sword man and saniwa, marriage, the story continues. The final volume of HeshiSani photobook. What kind of ending do they meet? The continuation of ‘Yume Murasaki: Introduction’. Even without reading the Introduction, you can still enjoy the Main Book. However, this book would be easier to understand if you have read the Introduction. ‘Yume Murasaki: Introduction’ photobook↓ https://sakuya0618.booth.pm/items/359435 !!Attention!! ◆Heshikiri Hasebe×Female Saniwa ◆Sick ◆Insane ◆Addiction ◆Bizarre ◆Forceful ◆Twisted ◆Bloodshed images ◆Death images ◆Made-up present-day story ◆Hasebe→→→(←)Aruji

写真集概要 ◆フルカラー ◆サイズ:A4 ◆ページ数:108P ◆発行日:2016年8月 【主なキャラクター】 ・へし切長谷部 ・女審神者 【モデル】 ・朔夜-sakuya- ・飛沫-shibuki- 【内容】 「 貴女は俺のすべてだった・・・ 」 まだ小さく息をしていた貴女を、俺は—―。 ・・・主、主、主、 いくら呼んでも貴女の瞳が俺を映すことはもうない。 人間と付喪神、共に逝けるはずないとわかっていたはずなのに。貴女に会いたい。会いたい。会いたい。ただひたすらに。 桜の下でまだ記憶のない主をみつけた長谷部は、無理やり自宅に連れ帰る。自分を受け入れてくれない主との監禁生活、刀剣男子と審神者としての最期の刻、結婚、その後とストーリーは続く。へしさに写真集最終巻、どのような最後を迎えるのか必見。 ※夢むらさき序章の続きになります。序章を読まなくても本編を楽しめますが、読んでいただいた方がわかりやすいかと思います。 夢むらさき序章の商品ページ↓ https://sakuya0618.booth.pm/items/359435 【!!注意!!】 ◆へし切長谷部×女審神者 ◆病んでいる ◆狂っている ◆溺れている ◆奇怪である ◆強引である ◆絡んでいる ◆流血表現がある ◆死亡表現がある ◆現代捏造がある ◆長谷部→→→(←)主 Overview ◆Full colour ◆Size:A4 ◆Number of pages: 108 ◆Release date: August 2016 Main Characters ・Heshikiri Hasebe ・Female Saniwa “You are my everything...” As you took your dying breath, I--- ..... Aruji, Aruji, Aruji, No matter how many times I called, there was no reflection of me in your eyes. Human and Tsukumogami (Spirit Manifestation); I understand that we should not be together.  But I want to see you. Honestly. Sincerely. Earnestly.   Under a cherry-blossom tree, Hasebe finds Aruji, who has no memories from the previous life, and forcibly brings her home. Living in confinement with Aruji who can’t accept who she was, taking their last breath as sword man and saniwa, marriage, the story continues. The final volume of HeshiSani photobook. What kind of ending do they meet? The continuation of ‘Yume Murasaki: Introduction’. Even without reading the Introduction, you can still enjoy the Main Book. However, this book would be easier to understand if you have read the Introduction. ‘Yume Murasaki: Introduction’ photobook↓ https://sakuya0618.booth.pm/items/359435 !!Attention!! ◆Heshikiri Hasebe×Female Saniwa ◆Sick ◆Insane ◆Addiction ◆Bizarre ◆Forceful ◆Twisted ◆Bloodshed images ◆Death images ◆Made-up present-day story ◆Hasebe→→→(←)Aruji